日本の年金制度はどのように変わってきたか

若いころは体力もありますから、仕事さえ選ばなければ何とか生活できますね。ただ、年をとっていくと若いころのように働けるわけではありません。老後の生活は不安なものです。それで、どれだけ長生きしても安心して暮らせるようにするための仕組みが公的年金制度です。どれだけ頼りになるかは別として、このような目的で年金制度が作られました。

日本の公的年金制度の始まりは1941年(昭和16年)に創設された労働者年金保険制度です。これは、工場等の男性労働者を被保険者とした労働者年金保険制度でした。女性は対象外だったんですね。もっとも当時は、女性が働くというのは一般的でなかったのかもしれませんが。

昭和30年代に入ると、核家族化が進んだり、人口の都市集中、将来の高齢化社会に対応するためということで、1961(昭和36)年4月から「国民年金法」が施行されました。これによって20歳以上60歳未満の人で、厚生年金や共済年金の対象とならない人すべてが、公的年金制度の対象となりました。
それから給付水準が変更されたり、基礎年金の導入、サラリーマンの奥さんも自分名義の基礎年金を受けられるようになったりと変化がありました。最近では、特例水準の段階的な解消のため、平成26年度の年金額は0.7 %の引下げとなっています。これからも年金額の目減りは避けられないような感じなので、それ以外の方法でも備えをしておく必要がありますね。
最近は主婦でもお金を借りる人が増えてきていますね。専業主婦でも借入が可能なカードローンを集めて紹介しているサイトがありますので、ぜひぜひ参考にして下さい。→http://xn--28j1a9eza1rsgsjubwec6643f9r4a8me930d.com