公的年金と私的年金はどこが違うか

年金制度には、公的年金と私的年金がありますね。

公的年金は、国民年金、厚生年金、共済年金で、20歳以上60歳未満のすべての人に加入しなければなりません。支給されるのは、老齢になった時、死亡したとき、障害を負った時です。老齢になった時受け取る老齢年金は、受給資格期間が25年以上必要になっています。それから支払う保険料は、将来の自分のためではなく、現在の年金受給者に支払われるという点が特徴の一つです。

私的年金は、国以外の組織が運営する年金で、企業年金や民間の保険会社などが販売している個人年金保険になります。保険料の払込期間や受取年齢、受取年数は加入者が自分で決めることができます。支払う保険料の一部は、生命保険料控除や個人年金保険料控除として所得控除の対象となります。

公的年金制度だけでは、将来生活費が足りなくなることも考えられるので、私的年金も活用して老後に備えておくことは、大事なんじゃないかと思います。